コストゼロ、キズもゼロ。子供のドア開け対策。

スポンサーリンク

子供が勝手にドアを開けてしまう!そんなときに出来る0円の対策です。壁やドアにシールや穴あけをする必要がないので、賃貸でも安心です。

はじめに

1歳の我が息子。
最近引き戸のドアノブを開けるようになりました。

nasa
nasa

引き戸だし、大丈夫だろう、という考えが甘かった…
余裕で開けて出ていきました。

親が寝ていたり、手を話せないときに勝手に開けて出ていったら大変!

そこで対策について調べました。

ドアノブロック

市販のものはこちら。

ドアに貼り付けるだけでロックできます。

nasa
nasa

手軽なので、私も実家ではこれを使用しています。
今のところ剥がれたり、子供に開けられたりしたことはありません。

しかし、賃貸では剥がしたときに傷がつくかもしれないので、なるべくシールでも使いたくないもの…

そこで、辿り着いたのが↓の方法です。

ドアノブの向きを変える

nasa
nasa

プラスドライバーひとつで出来ます。
シールを使うわけではないので、傷もつかなければ、コストもゼロ!

ただ、出来ないタイプのドアノブ?もあるかもしれません。
チャレンジ前にご自宅のドアノブをご確認ください。

では、具体的なやり方です。

簡単3ステップ!

① ドアノブ確認

まず、ドアノブをご確認ください。

DSC_0150

このようなネジ穴、ありますか?

ある場合は次の項目へ。

② ネジを外す

ネジ穴にドライバーを差し込み、ネジを外します。

DSC_0151

③ ドアノブを縦にして取り付ける

ドアノブの向きを元々付いていた向きから90度上に回転させ、取り付けます。

DSC_0152

終わりです。

おわりに

なるべくシールや壁に穴を開けたりしたくない…かつ、タダで出来たら嬉しい。

と思い辿り着いたのがこの簡単3ステップドアノブ改造です。

対応のドアノブをご利用中の方、是非やってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました